自毛植毛の費用はいくら?クリニック6院の費用比較とおすすめクリニック

自毛植毛の費用はいくら?クリニック6院の費用比較とおすすめクリニック

植毛と聞いて、イメージするのは「費用が高い」ということではないでしょうか。私も長年薄毛に悩まされていましたが、薄毛治療をするまでは植毛についての知識も乏しく、数千万円必要だという印象がありました。(実際はそんな高くありません)

この記事では、植毛がどのような治療法なのか、いくらくらいで治療を受けられるのかを分かりやすくまとめました。コスパが良い自毛植毛のおすすめクリニックもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
坂口 海雲

大阪市立大学医学部を卒業後、大阪市立大学循環器内科に入局。ベルランド総合病院、大阪市立大学病院への勤務を経て、福島吉野スマイル内科・循環器内科を開院。Dr.AGAクリニックの総院長も就任中。

所属:日本内科学会日本循環器学会、医学博士(循環器内科)

自毛植毛とは?どんな施術でどんなリスクがある?

まずは、自毛植毛について簡単に解説します。施術内容だけでなく、どのようなリスクがあるのかを施術前に知っておくことが大事です。

自分の髪の毛を薄毛部分に移植する施術

自毛植毛とは

出典:湘南美容クリニック
自毛植毛とは健康な髪の毛を薄毛部分に移植することで、薄毛解消を目的とした治療法です。治療法によって具体的な流れは異なり、毛包を1つ1つ丁寧に移植する施術もあれば、メスを使用する施術もあります。

最大のメリットは、自分の頭皮を移植するため成功すれば「再び髪の毛が生えてくる可能性がある」という点でしょう。つまり、根本的にAGAを解消できる可能性があるのです。もちろんヘアカラーやパーマも問題なく行えます。

これはミノキシジルやフィナステリドといった投薬治療にはないメリットと言えるでしょう。

自毛植毛のリスク、デメリット

  • 治療費が高額になりやすい
  • 移植した髪が生着しない可能性もある
  • 傷跡が残る可能性もある

自毛植毛はAGAを根本的に解決できる可能性を秘めているのが大きな強みです。しかし、良い面だけでなくリスクやデメリットもあります。

最も分かりやすいデメリットは「治療費が高額になりやすい」という点です。詳しくは後述しますが、治療範囲によっては100万円を超えることも珍しくありません。
》自毛植毛のデメリットについての解説はこちら

施術方法によっては健康な髪の毛を採取する際、髪を短く刈り上げる必要が出てきます。そのため、治療直後は周囲にバレやすいというデメリットもあります。治療跡も数週間は残ってしまう可能性もあるので、その点もバレやすい要因に繋がります。

拒絶反応が出たりしそう…と思われるかもしれませんが、自身の髪の毛を移植するため、拒絶反応や炎症が起こる心配はほとんどありません。

自毛植毛の施術方法は3種類ある

治療内容 特徴
FUT法 一部の毛髪をメスで切り取り移植する施術 メリット
大量移植が可能で、生着率も高い。
デメリット
痛みを感じやすく傷跡も残りやすい。提供しているクリニックも限られる。
FUE法 毛包を1つ1つ採取し、薄毛の部分に移植する施術 メリット
施術後の痛みが少なく、高密度な移植も可能。
デメリット
施術時間が長く、大量の移植には不向き。採取部位が刈り上げられることも。
ニードル法 植毛針を用いて、穴あけと植え込みを同時に行う施術 メリット
施術全体の工程が少なく、針が細いため傷跡も残りにくい。
デメリット
料金が高額になりやすく、移植密度にも限界があるなど自然な仕上がりになりにくい。

自毛植毛は、主に上記3つの施術法にて行われます。クリニックによって提供している施術法は異なり、中にはそのクリニック独自の施術法も提供されています(例:FUE法を独自に進化させた〇〇法など)。

それぞれにメリット・デメリットがあり、自分の目的に合った施術法を選ぶことが重要です。

一番おすすめなのはFUE法

3つある施術法の中で一番おすすめしたいのが、メスを使用しないFUE法です。

専用器具を使うため傷跡が残りにくく、麻酔なしでも施術中の痛みが少ないのが特徴です。しっかりと生着して時間が経てば、自然な毛量になることが期待できます。

大量植毛には不向きで高額になりやすいというデメリットがあるため、薄毛の範囲が広い人は他の施術も検討してみましょう。薄毛が広範囲でない場合は、最優先で検討して頂きたい施術法です。

実際どれくらいかかる?自毛植毛の費用目安

ここからは、実際に自毛植毛をする場合にいくらくらいの費用が必要なのか解説していきます。実際の費用は施術法とグラフト数によって計算されます。

グラフトとは、一般的な言葉で表すと「毛根」です。1つの毛根から2~2.5本の髪の毛が生えています。1グラフト=髪の毛2~2.5本

約800グラフトで生え際の薄毛(または頭頂部の薄毛)がカバーできるくらい。生え際から頭頂部まで広範囲にわたって薄毛になっている場合は、約2000グラフトが必要と言われています。

施術方法ごとの費用目安

FUT法 FUE法 ニードル法
基本料金の相場 約20万円 約20万円 約20万円
1グラフト料金の相場 約860円~ 約850円~ 約1,050円~
800グラフトの料金相場 約688,000円+基本料金 約680,000円+基本料金 約804,000円+基本料金
分割時の毎月費用※ 14,800円~ 14,667円~ 16,733円~
※1)医療ローンで60回払いを選択した際の費用目安

基本料金の相場は220,000円~385,000円とクリニックによって幅が広いです。基本料金にはカウンセリング料や初診・再診料、血液検査料、医療機器の使用料などが含まれているケースもありますので、カウンセリング時に内訳を聞いておくと良いでしょう。

1グラフトあたりの料金相場は、FUE法<FUT法<ニードル法の順に高くなる傾向があります。ただし、FUE法には刈り上げない施術もあり、こちらになると1グラフトあたり2,000円を超えることも珍しくありません。そのため、契約時にはしっかりと総額を確認する必要があります。

支払い方法はクリニックによって異なりますが、ほとんどのクリニックで医療ローンを提供しています。これだけの費用を一括で支払える方の方が少ないので、植毛では多くの方が医療ローンで分割支払いにしているそうです。

医療ローンを利用すれば低金利で月々の支払いも無理なく行える額になるため、迷わずに活用したいですね。クレジットカード決済よりも金利が安いのも医療ローンの利点と言えます。

料金相場の算出方法とグラフト数の目安について

植毛は、どのようにして費用が決まるのか、そしてグラフト数と移植範囲についても見ていきましょう。料金の算出方法はとてもシンプルで、「1グラフトあたりの料金×採取するグラフト数」となっています。そこに基本料金や交通費などが加算されます。

グラフトとは、頭皮から採取する「毛包」の単位です。よく勘違いされますが、1グラフト=髪の毛1本という認識は間違っていて、実際は1グラフトあたり平均2~2.5本の髪の毛が生えているのです。

症状別の目安グラフト数

  • 浅めのM字植毛:500グラフト
  • 頭頂部のO字植毛:500グラフト
  • やや深めのM字植毛:800グラフト
  • M字と頭頂部の植毛:1000グラフト
  • 全体的な植毛:2000グラフト

つまり、1グラフト1,000円の施術を2000グラフト分行うと、治療費は200万円になるということです。医療ローンを利用すれば毎月の支払いも無理のない金額まで抑えることができますが、決して安い金額ではありません。

また、日本皮膚科学会のガイドラインでは、移植した髪の毛の生着率は82.5%以上だとされていますが、移植した髪の毛が生着せずに抜けてしまうこともあります。そのため、全額返金保障があるクリニックを選ぶことがおすすめです。

植毛の費用比較と植毛のおすすめクリニック5選

ここからは、植毛を行っているクリニックをさまざまな角度で比較しつつ、おすすめクリニックをご紹介していきます。

※表はスクロールできます。
基本料金 1グラフト料金 保証制度 施術方法 モニター割引 エリア
アイランドタワークリニック 220,000円 990円~ 全額返金保証あり i-Direct
U-Direct
あり(最大50%OFF) 全国4院
親和クリニック 220,000円~ 990円~ なし MIRAI法
NC-MIRAI法
United MIRAI法
あり(最大50%OFF) 全国5院
AGAスキンクリニック 220,000円 1,067円~ 全額返金保証あり Hair Strong植毛 あり 全国65院
湘南AGAクリニック 無料 720円~ 再手術保証あり スマートFUE植毛
ノンシェーブン植毛
あり 全国9院
アスク井上クリニック 220,000円 880円~ なし スタンダード i-SAFE なし 全国1院
TOMクリニック 385,000円 88円~ 返金保証あり ARTAS植毛 なし 全国1院
※基本料金や1グラフトあたりの料金は通常料金(モニター価格に関しては各クリニックの紹介欄を参照)

費用面は高すぎず、明朗会計であること。モニター制度もあり、保証制度があるクリニックを高評価としてピックアップしています。

アイランドタワークリニック

施術方法 FUE法
(i-Direct・U-Direct)
料金 【i-Direct】
基本治療費:22万円
グラフト費:990円
【U-Direct】
基本治療費:22万円
グラフト費:1,320円
カウンセリング料 無料
サポート・保証内容 ・全額保証制度
・宿泊費、交通費補助
所在地 【新宿院】
東京都新宿区西新宿6-5-1アイランドタワー5F
【名古屋院】
愛知県名古屋市中村区名駅4-24-8いちご名古屋ビル7F
【大阪院】
大阪府大阪市北区曽根崎2-6-6コウヅキキャピタルウエスト7F
【福岡院】
福岡県福岡市中央区今泉1-22-20アベニュー天神ビル6F

アイランドタワークリニックは、累計症例35,000件以上という実績を誇る自毛植毛を専門としたクリニックです。植毛のプロフェッショナルとして先進的・革新的な施術を提供し続け、植毛では国内シェア1位を記録しています。

施術法は『i-Direct/U-Direct』の2種類ありますが、どちらもFUE法で、超極細のチューブパンチを使うことで痛みも少なく傷跡も残りにくい施術をすることが可能です。U-Directでは刈り上げる必要もないため、来院時の髪型のまま施術ができ、そのまま帰宅することができます。

また、アイランドタワークリニックでは初診料・血液検査費・定期検診費・相談料・当日の交通費や宿泊費、すべて無料です。遠方から通う場合の交通費や宿泊費の還元制度は非常に心強いでしょう。「地方でも通いやすくて助かった」という口コミはとても多いです。

モニター制度もありますし、全額返金保証もあるため、お金を払ったのに上手く薄毛が改善しなかったらどうしよう…と悩んでいる方にも心強いです。自毛植毛をするなら、最優先でカウンセリングを受けてほしいおすすめのクリニックです。

クリニックの公式サイトはこちら

親和クリニック

施術方法 FUE法
(MIRAI法/NC-MIRAI法/United-MIRAI法)
料金 【MIRAI法】
基本治療費:220,000円
グラフト費:990円
【NC-MIRAI法】
基本治療費:330,000円
グラフト費:2,200円
【United-MIRAI法】
基本治療費:275,000円
グラフト費(MIRAI法);990円
グラフト費(NC-MIRAI法):2,200円
カウンセリング料 無料
サポート・保証内容 ・交通費補助
・宿泊費補助
所在地 【新宿院】
東京都新宿区新宿2-12-4アコード新宿5F
【銀座院】
東京都中央区銀座7-3-7ブランエスパ3F
【名古屋院】
愛知県名古屋市西区名駅2-34-20CK23名駅前ビル6F
【大阪院】
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20桜橋IMビル2F
【福岡院】
福岡県福岡市博多区博多駅前3-30-1タイセイビル7F

親和クリニックは、グループ全体で年間平均手術件数1,500件以上という実績を誇るAGAクリニックです。口コミでも医師の腕やカウンセリングの質が高いと評判ですし、公式ホームページにもあるように高い生着率を誇っています。

東名阪という都市部に店舗があるため比較的通いやすいですが、地方に住んでいる人だと難しいケースもあります。親和クリニックでは、そんな遠方の人でも通いやすいように交通費や宿泊費を補助する制度があるため、選択肢に入れやすいのも特徴です。

施術法は主に2種類で、基本となる刈り上げるFUE法の『MIRAI法』と、刈り上げず自然な形に落ち着く『NC-MIRAI法』があります。両方の施術を用いるハイブリッド型のMIRAI法×NC-MIRAI法もありますので、自分の用途に合ったものを選びやすいです。

費用についてはモニター割引が充実していて、顔出しNGの場合でも20%OFF。顔出しすれば治療費が50%OFFになるため、ぜひ活用したい制度ですね。

親和クリニック公式サイトへ

湘南AGAクリニック

施術方法 FUE法
(スマートFUE植毛/ノンシェーブン植毛)
料金 【スマートFUE植毛】
基本治療費:無料
グラフト費:720円
【ノンシェーブン植毛】
基本治療費:無料
グラフト費:950円
カウンセリング料 無料
サポート・保証内容 安心保証制度あり
所在地 北海道・宮城・東京・神奈川・大阪・福岡・愛知(9院)

湘南AGAクリニックは、全国に9院展開している大手クリニックです。これまでに多くの自毛植毛施術に携わってきた熟練ドクターが多く在籍しており、カウンセリングはもちろんのこと施術の腕も良いと口コミでも評判です。

提供している自毛植毛は、通常のFUE法で行う『スマートFUE植毛』と、刈り上げないため周囲にバレにくい『ノンシェーブン植毛』の2種類です。カウンセリングや診察をオンラインで終わらせることで、通院回数を1回にする『1day植毛』も湘南AGAクリニックならではの特徴です。

そんな湘南AGAクリニック最大の特徴が、コスパに優れた治療料金です。とくにスマートFUE植毛は1グラフトあたり720円と相場より安く、1000グラフトでも720,000円という価格で施術を受けられます。さらに、基本料金が無料というのは他のクリニックでは考えられません。モニターの募集もしています。

施術後のトラブルや不安を解決できるように、安心保証制度の提供も行っています。ドクターの診察・写真判定など規定はありますが、もし認められれば必要グラフト数分の再手術を受けることが可能です(麻酔やオプション代は必要)。

SBC公式サイトはこちら

AGAスキンクリニック

施術方法 FUE法
(Hair Strong植毛)
料金 【0プラン】
基本治療費:220,000円
グラフト費:1,067円
【3プラン】
基本治療費:220,000円
グラフト費:2,090円
【10プラン】
基本治療費:220,000円
グラフト費:4,290円
カウンセリング料 無料
サポート・保証内容 ・全額返金制度
・交通費補助制度
所在地 全国に65院以上

AGAスキンクリニックは、投薬治療や植毛など様々な治療を行っているAGA専門クリニックです。全国に65院以上あり、実績や知名度はトップクラス。提供している自毛植毛は『Hair Strong植毛』と呼ばれており、それぞれ0/3/10プランがあります。

0プランは刈り上げるタイプ、3プランはカットしながら毛包を採取するタイプ、10プランは後頭部の毛髪に何も手を加えずに毛包を採取するタイプです。後者になるほど術後に目立ちにくいですが、それだけ料金も高くなっていきます。

0プランであれば1グラフトあたり1,067円ですが、3プランになれば約2倍の2,090円となり、10プランにもなるとさらに2倍近い4,290円となります。1000グラフトになると高額になってしまいますが、モニター制度を使うことで最大50%の割引を受けることも可能です。

サポート面にも力を入れており、結果に満足いかなかった場合に補償される『全額返金保証』や、通院にかかった交通費を補助してくれる『交通費補助制度』があります。その他キャンペーンや割引制度も積極的に提供していますので、活用することで治療費もグンと抑えることができるでしょう。

公式サイトへ

アスク井上クリニック

施術方法 FUE法
料金 【i-SAFEスタンダード】
1グラフトあたり:880円
800グラフト:924,000円
1500グラフト:1,540,000円
【i-SAFEアンシェーブン】
1グラフトあたり:1,430円
800グラフト:1,364,000円
1500グラフト:2,365,000円

※800グラフト・1500グラフトは基本料金込み
カウンセリング料 無料
サポート・保証内容 なし
所在地 【新宿院】
新宿区歌舞伎町2-46-3 SIL新宿(西武新宿駅前ビル)6階
【銀座院】
東京都中央区銀座7丁目4-15 RBM銀座ビル2階

提供している自毛植毛は、『i-SAFEスタンダード/i-SAFEアンシェーブン』の2種類で、どちらもメスを使わないFUE法となっています。コスパ重視ならスタンダードがおすすめですが、アンシェーブンは髪の毛を刈り上げないため術後でも植毛したことがバレにくいのが特徴です。さらに、この2つの施術をかけ合わせたハイブリット施術もあります。

料金面はスタンダードの方が1グラフトあたり880円と相場付近となっており、アンシェーブンの方は1グラフトあたり1,430円と高めです。800グラフトになると100万円近くの治療料金になりますので、もし一括が厳しい人は医療ローンの利用をおすすめします。

さらに、銀座院では女性の薄毛治療にも対応しています。FAGAだけでなく、他の要素が原因となるさまざまな薄毛・脱毛症でも治療可能です。治療法も投薬治療から植毛治療までありますので、自分の予算とペースに合った治療で進めていくことができるでしょう。

公式サイトへ

自毛植毛に関するよくある質問

最後に、自毛植毛に関してよくある質問をまとめました。

Q.植毛で保険適用になるケースはある?

残念ながら自毛植毛に保険を適用させることはできません。
植毛はあくまで見た目を良くするため、つまり美容目的での治療とされているため、どのクリニックでも保険適用となるケースはありません。

保険は適用できませんが、安く済ませる方法はいくつか存在します。

①:クレジットカード決済や医療ローンで分割払いにする
最終的には一括払いの金額よりも割高の料金を支払うことになりますが、1回あたりの支払い額を大きく減らすことができます。60回払いなどを選択すれば、1ヶ月10,000円以下に抑えることも可能です。

②:モニター制度を活用する
治療経過を公式ホームページや配信などに掲載することで、割引料金で治療を受けることができる制度です。露出するメディアが多ければ多いほど割引額が大きい傾向にあります。

③:植毛保険に加入する
最近では、一部の保険会社が植毛手術に対する保険商品を提供しているケースもあります。どのくらいの範囲をカバーできるのか、保険料がいくらなのかは商品によって異なりますので、気になる人は各保険会社に問い合わせてみましょう。

Q.植毛の手術をした直後は他人にバレやすい?

施術法によっては手術後に傷跡が目立ってしまう可能性があります。比較しやすいのはFUT法とFUE法です。

・FUT法の場合
FUT法は、メスを使って毛髪を頭皮ごと移植します。そのため、線状の傷跡が頭皮に残ってしまう可能性があります。ただ、傷ができる範囲自体はそこまで大きくありません。術後のダウンタイムとしては、腫れや血がにじんだりするため見た目は痛々しく映ります。

術後1~2週間もすればかさぶたも取れ、傷跡も目立ちにくくなるでしょう。髪型によっては傷跡が目立ちやすいこともありますので、ツーブロックや坊主といった髪型はおすすめできません。

・FUE法の場合
FUE法はメスを使わないため、FUT法のような目立つ傷跡は少ないとされています。ドナー採取部分の毛髪を短くしないといけない施術方法はバレやすいといえるかもしれませんが、最近では刈り上げないFUE法も誕生しています。

この方法であれば髪を短く切る必要がないため、傷跡が目立ちにくいというメリットがあります。ただし、刈り上げない方が治療費は高い傾向にあるため、契約前にしっかりと治療総額を確認するようにしましょう。

Q.一度植毛した毛は何年間くらい持つ?

まず大前提として、植毛関係なく髪の毛にはそれぞれ寿命があります。一般的には2年~6年ほどとされており、男性の方が長い傾向にあるとされています。AGAになるとヘアサイクルが乱れて髪の毛が成長しきらないまま抜けてしまうのです。このヘアサイクルを改善することが投薬治療の目的です。

そのため、投薬治療だと飲み続ける必要があります。しかし、自毛植毛は自分の髪の毛を移植するため通常の髪の毛の寿命とほぼ変わりません。しっかりと生着した場合、毛細血管も形成されますし、周囲の毛髪と同じように血液が行き渡るようになるのです。

このように、自毛植毛であれば仮に髪の毛に寿命を迎えて抜けたとしても基本的には生え変わります。ちなみに、植毛した髪の毛がAGAで脱毛しやすくなるケースも少ないです。なぜなら、植毛で採取する髪の毛はAGAの影響を受けにくい側頭部・後頭部となっているからです。

Q.手術後、どれくらいで普通の生活に戻れる?

どの方法で手術を受けたかにもよりますが、2週間ほどで普段とほぼ変わらない生活に戻れるとされています。しかし、2週間経つまでに気を付けるべきポイントが複数あり、それを無視するとダウンタイムが長くなる可能性があります。

①:手術当日は安静に!
手術直後ということもあり、患部が気になってついつい触ってしまう可能性があります。しかし、手術当日の頭皮はダメージから回復していません。無駄な刺激を与えないようにしましょう。触る、掻くだけでなく、洗髪も手術当日はNGです。

②:手術翌日なら洗髪も可能
施術法にもよりますが、手術翌日になると洗髪OKが出ることもあります。頭皮に傷があるため怖さを感じてしまいますが、頭皮を清潔にするためにも洗髪は必要です。ただし、力強くゴシゴシいないようにしましょう。

③:手術から1週間が最も重要な時期
手術から1週間ほど経過すると、髪の毛が定着するかどうかの時期になります。頭皮にかさぶたができて痒くなるのもこの時期です。かさぶたが気になって剥がしたくなる気持ちは分かりますが、頭皮にダメージが出るためグッと堪えましょう。

④:手術から2週間ほどで生着が始まる
この時期になると、移植した髪の毛はほぼ定着するため不自由のない生活を送れるようになります。ワックスやムースなどの整髪剤の使用も可能です。これ以降は時間が経てば経つほど頭皮の状態も戻っていきますので、飲酒や喫煙、カラーリングなども可能になっていきます。

↑植毛の費用比較と植毛のおすすめクリニック5選に戻る